いいだ歯科・口腔外科クリニック

MENU

入れ歯治療

入れ歯について

入れ歯について

歯を失ったまま、入れ歯などで補わないままで放っていると、噛み合わせのバランスが崩れ、虫歯や歯周病など口腔内のさまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

当院では患者様のご希望をきちんとうかがい、お口にぴったりフィットする義歯を製作いたします。
他院で製作した義歯の調整も承っていますので、お気軽にご相談ください。

保険治療の入れ歯から、精密な自費診療の入れ歯まで

入れ歯に対して「噛めない」「仕上がりが不自然」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし近年では機能性・審美性の回復に注力した自費診療の入れ歯が数多く開発されています。

当クリニックでは審美性の高いものや装着感に優れたものなど、自費の入れ歯をご用意しております。

また、噛める・噛めない、違和感がある・違和感がない、といった感覚には個人差がありますので、保険診療の入れ歯を愛用されている方もおられます。
ゆっくり時間をかけたカウンセリングで、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明したうえで、その方のお口に最適なものをご提案させていただきます。

当院で取り扱う入れ歯の種類

レジン床入れ歯(保険の入れ歯)

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯で、保険適用なので費用のご負担が少ないですが、自費の入れ歯と比べて痛み・噛みにくさ・ぐらつきなどの違和感が起こりやすいです。

メリット

  • 保険適用
  • 比較的容易に調整・修理できる

デメリット

  • 装着時の違和感が大きい
  • しっかりものが噛めない場合がある
  • 部分入れ歯の場合、金属の固定具が目立って口元の審美性が損なわれる

ノンクラスプデンチャー

金属の固定具(クラスプ)がない部分入れ歯で、入れ歯が目立ちにくく、口元の見た目を気にせずにお使いいただくことが可能です。
「入れ歯を目立たせたくない」という方におすすめです。

メリット

  • クラスプがなく審美的
  • 装着時の違和感が少ない
  • お口にフィットしやすい

デメリット

  • 耐久性が低い
  • 調整・修理が難しい

金属床入れ歯

床部分に金属を使用した入れ歯で、金属を使用するので耐久性が高くなり、薄く仕上げることができ
装着時の違和感が抑えられます。
また熱伝導に優れていて、食べ物の温度差が自然に感じられて食事が美味しく味わえるようになります。

メリット

  • 耐久性が高い
  • 入れ歯を薄くすることができ、装着時の違和感が抑えられる
  • 食べ物の温度差が自然に感じられ、食事が美味しく味わえる

デメリット

  • 金属アレルギーのリスクがゼロではない

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、外科手術によって顎の骨に埋め入れた2~4本のインプラントに入れ歯を固定する治療法のことです。
入れ歯が顎の骨にしっかり固定されるため、食事や会話の途中でずれたり外れたりするような心配がありません。

また、症例にもよりますが、現在ご使用の総入れ歯を使い続けることもできます。

メリット

  • 総入れ歯と比較して安定感に優れている
  • 総入れ歯よりもしっかり噛める
  • 発音がしやすくなる
  • 取り外しが可能
  • すべての歯をインプラントで補うよりも埋入するインプラントの本数が少ない

デメリット

  • 自分で取り外して入れ歯のお手入れをする必要がある
  • 総入れ歯の装着時に違和感がある場合は適さない
top
0943240008 page top