いいだ歯科・口腔外科クリニック

MENU

インプラント

インプラントについて

インプラントとは?

インプラントとは?

ケガや歯科疾患などによって歯を失ってしまった場合、「噛む力」を補う方法の1つとして「インプラント治療」があります。

見た目的にも機能的にも自然の歯に近く、自分の歯と同じ感覚で使用できるため、「第2の永久歯」とも呼ばれています。
インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、セラミック製などの被せ物を装着する手法で、入れ歯が合わない方にもおすすめです。

口腔外科を得意とする当院は、インプラントの治療症例も多いため、気になる方はお気軽にご相談ください。

信頼できるシステムを採用

ひとくちにインプラントといっても、様々なシステムがあり、導入価格も異なります。

当院では、日々発表される論文などの情報の中で、常にもっとも信頼できるシステムを導入。
また、インプラントはメンテナンスが必須の治療なので、システムを選ぶ際には、新しさだけではなく、今後も長く提供されると思われる信頼できるメーカーを採用しています。

インプラント

インプラントのメリットとデメリット

ブリッジや義歯と異なるインプラントの最大のメリットは、周囲の歯に負担をかけることなく歯を取り戻し、機能を回復できることです。

当クリニックでは、失った歯の周囲の歯の状態を診て「インプラントを入れたほうが、残った歯を大切にできる」と判断した場合に、患者様に提案しています。
その場合も、患者様に必要性を丁寧にご説明し、納得いただいた上で治療を行います。

インプラントのメリット

強く噛める

顎の骨に埋入するため、グラつきなく強く噛めるので、食事を美味しく味わっていただけるようになる。

自然な美しさを再現

人工歯には白く美しい材料“セラミック”を使用することで、人工歯と歯茎の境目も自然に仕上がります。
天然歯と変わらない審美性の再現が可能。

健康な歯を削る必要がない

部分入れ歯やブリッジと異なり、健康な歯を削る必要がない。

周囲の天然歯に負担をかけない

インプラントは天然歯と同じように、顎の骨を土台として自立する。
そのため、部分入れ歯やブリッジのように周囲の歯に余計な負荷をかけない。

毎日のお手入れが簡単

天然歯と同じように歯磨きをしたり、フロスを通すことができるので、入れ歯のように取り外して洗浄する必要がない。

インプラントのデメリット

手術が必要

インプラントの埋入のためには、局所麻酔をした上での手術が必要になります。
入れ歯、ブリッジと比べて費用がかかる自費診療であり、精密な材料を使用するため、入れ歯・ブリッジと比べて費用が高くなる。

治療後も定期的なメンテナンスが必要

インプラント脱落の最大の要因となるインプラント周囲炎を防ぐため、定期的なメンテナンスが必要。

当クリニックのインプラント

インプラント治療には埋入のための手術が欠かせません。
丁寧に問診・検査を行い、安全性・確実性をしっかりと担保した上で、治療へと進みます。

歯科用CTを完備

安全なインプラント治療のためには、今や歯科用CTは欠かせません。
CTは顎の骨の量・厚みの確認、神経や血管の位置の把握、術前のシミュレーションが可能となり、治療の安全性・確実性を高めます。

top
0943240008 page top